初心者に多い失敗!ホームページを作るうえで危険な落とし穴とは?

どんなに良いホームページを制作しても売れない?

ホームページを作るケースというと、面白そうだからという理由のほか、お金を稼ぐためという理由もあります。後者の例としては、ホームページを制作してリアル店舗で販売していた商品をネットで売ったり、ネット専門で商品を仕入れて売ったりなどです。

そうした場合、一生懸命にデザインに嗜好を凝らし、手の込んだキャッチコピーを作成します。そして、十分に満足のいくホームページが出来上がると、これで商品が売れるだろうと思い、後は放ったらかしにします。ですが、これが思いのほか、売れないという現実に直面します。

その原因は、集客ができていないからです。どんなに良いホームページを作れたつもりでも、見る人がいなければ売れようがありません。ホームページ制作初心者に多く見受けられる失敗なのですが、ホームページの売上は、ページの良し悪しと集客数で決定します。これを理解するのが、重要です。

キーワードの階層構造を意識すべし!

集客のできるホームページをどうしたら制作できるかといえば、階層構造を意識するのが第一です。つまり、各ページごとにSEO集客に使用するキーワードを割り振り、それぞれのキーワードに特化させたページを作成するのが肝心です。

例えば、トップページに最も大量のアクセス数が見込めるビッグワードを割り当てます。さらに、2階層目のページには、ビッグワードから派生する複合キーワードを割り当てます。3階層目、4階層目には、より細分化した複合キーワードをメインにしたページを作成します。

このように各階層ごとに、どんなキーワードで集客するかを決めて、ページを作成していくと集客のできるホームページに仕上がります。ポイントは、集客に使うキーワードを意識して、階層構造を設計することです。