みんなが読みたいと思えるホームページとは?

楽しいことをテーマにしたサイトは人が集まりやすい

アクセス数が多い方がホームページ運営のモチベーションが上がるという人は少なくありません。たくさんの人に見られれば、それだけSNSなどで話題にされる回数が増えて有名人の気分を味わうことができますし、場合によっては、テレビなどのメディアから出演依頼があったり、あるいは出版社からホームページの書籍化の依頼があるかもしれないからです。
では、アクセス数を増やすにはどうすればいいのかというと、正攻法といえるのが「みんなが読みたいと思うページを作る」ということでしょう。では、具体的にどういったページを作れば、不特定多数の人たちに読みたいと思ってもらえるのでしょうか。
まず挙げられるのが、楽しいことをテーマにしたコンテンツです。テレビ番組にはいろいろなジャンルがありますが、視聴率上位にはバラエティ番組が多いです。ネットにもやはり楽しいものを見たい人が多いのではないでしょうか。

ノイズのない状態でネットの意見をまとめて見られるサイトも人気

便利なサイトもネットユーザーには好まれる傾向があります。たとえば、まとめサイトがそうです。まとめサイトは、一つにテーマに寄せられた代表的な意見、面白い意見などをまとめて掲載していますが、それによって世の中の人がそのテーマに対してどのような気持ちを抱いているのか、可視化しやすいです。ネット上の意見には、ノイズと呼ばれる罵詈雑言、誹謗中傷も多いので、そういったものが取り除かれてまとめられているのは、多くの人にとって便利といえるでしょう。
また、そこでしか見られないコンテンツがあるサイトも、みんなが見たいホームページでしょう。テレビでは放送されないような社会的な実験やゲームの実況で人気を集めている配信者を抱えた動画サイトは、その一例といえます。